セミナー詳細

Seminar

2020年8月23日(日)オンラインセミナー 終末期リハビリテーションの基礎知識〜終末期の評価と介入〜

  • 開催日
  • 2020年8月23日(日) 開始:14:00 | 終了:16:00 | 開場:13:45
  • 対象者
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師
  • 開催地
  • オンライン
    「ZOOM」アプリをセミナー当日までに、当日使用するパソコン(カメラ・マイク付き)、タブレット、スマホにダウンロードすることが望ましいです

    参加費の入金後が確認できましたらセミナー用URLを送付します

    ZOOM入室時にはご自身のフルネームを入力してください

    資料の譲渡・録音・録画は禁止です

    資料は研修会前日にお申込みを頂きましたメールアドレスにダウンロード先ULRを送付いたします

    回線状況により音声や動画の不具合の可能性がありますが、ご了承下さい

セミナー内容

今日、医療機関だけでなく、施設・在宅分野にも重症者のリハビリテーションが広がっています。

重症者のリハビリテーションでは看取りへの介入も想定する必要があり、現場では多種多様なリハビリテーションやケアの実践が必要となっています。

これまで、重症者には看護師や介護職が中心となり取り組んでいましたが、これからは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の介入が重要となります。

重症者や終末期における褥瘡、拘縮、嚥下障害、低栄養、呼吸不全、浮腫の予防や介助や福祉用具の使用方法などはセラピストが力を発揮できる分野です。

また、終末期では心身機能の低下だけでなく、精神機能や家族の介護負担への配慮が必要となってきます。

したがって、終末期分野にも、リハビリテーションは大きく関与する必要があります。

しかしながら、理学療法・作業療法・言語聴覚士は「状態が悪くなっていく人」のリハビリテーションを学ぶ機会が乏しいのが実情です。

そこで、本セミナーでは重度者支援の重要ポイントや終末期におけるリハビリテーションの役割を整理し、具体的な評価や介入について事例を交えて学ぶことができます。

内容
1)重度者支援と軽度者支援の違い
2)看取り利用者への終末期リハビリテーションの評価と介入
3)症例提示

講師


株式会社OneMoreShip 代表取締役/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師
小池隆二先生
理学療法士
湖東地域医療介護連携ワーキング部会員
能登川地区医療福祉ネットワーク 企画・運営
株式会社OneMoreShip 代表取締役

理学療法士の資格を取得後、大阪市内の病院で整形外科や脳外科、心臓外科などの術前と術後のリハビリに従事し、その後フィールドを介護保険分野である老人保健施設や特別養護老人ホームに移す。

入所の方へのリハビリと同時に訪問リハビリやデイケアのリハビリを経験し、生活期での理学療法士の役割を日々考えるようになる。
その中で各地域の生活期リハビリの現状を知るために大阪・京都・滋賀でさまざまな地域リハビリテーションを経験する。

今までの経験を活かし、2015年に株式会社OneMoreShipを設立。

現在は滋賀県東近江市でワンモア訪問看護リハビリセンターという訪問看護ステーションを運営。

日々訪問リハビリの現場で活動している。

また、地域活動として、2016年度より湖東地域や事業所がある能登川地域の医療介護連携のメンバーにも選出され、地域での多職種連携にも尽力している。

セミナー概要

    • 開催日
    • 2020年8月23日(日) 開始:14:00 | 終了:16:00 | 開場:13:45
    • 定員
    • 30名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
      ※最小施行人数に到達しない場合は開催をしないことがありますので予めご了承ください
    • 対象者
    • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師
    • 費用
    • 2,000円(お申し込み後、クレジットカード支払いとなります)
    • 主催
    • 在宅リハビリテーション&ケアスクール
    • 開催地
    • オンライン

このセミナーに参加する