セミナー詳細

Seminar

2019年6月16日(日)実技で学ぶ!全介助トランスファー〜寝返り・起き上がり・立位・車椅子移乗の移動援助技術〜

  • 開催日
  • 2019年6月16日(日) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
  • 対象者
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・看護師・介護福祉士・介護職
  • 開催地
  • 大阪府高槻市


セミナー内容

療養病棟、老人保健施設、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ご自宅などで療養をされる重度者の方が増えており、移動援助技術が必要な場面が増えています。

このような背景から理学療法士・作業療法士・言語聴覚士には移動援助技術の習得は必須となっています。

要介護度4〜5や難病の利用者のリハビリテーションやケアでは全介助の移動援助技術が非常に有効です。

寝返り、車椅子、ポータブルトイレ、浴槽、ベッド上座位への姿勢へ誘導することができなければ、利用者は寝たきり、おむつ装着、機械浴浴槽の状態が進んでしまいます。

つまり、全介助の移動援助技術ができるか、できないかで利用者の生活空間は大きく影響を受けることになります。

セラピストは介護職や家族の方にも介助を指導する役割があります。

そのため、全介助の指導が必要とされる場面のこれから増えてくるでしょう。

本セミナーでは、セラピストの体の使い方、利用者の身体機能の評価、福祉用具などのモノの活用について学ぶことが出来ます。

内容
1)寝返りの全介助
2)起き上がりの全介助
3)座位の全介助
4)立位の全介助
5)車椅子トランスファーの全介助

講師


SOMPOケア株式会社 地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師
波野優貴先生
理学療法士
福祉用具プランナー
シーティングコンサルタント
勤務先
◯SOMPOケア株式会社
地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ
◯大阪府立大学 非常勤講師
福祉用具論の一部を担当

理学療法士取得後、ケアミックス型の病院へ勤務し、急性期から生活期まで経験した。その際、ポジショニング、シーティングを中心に学び院内でチームを立ち上げた。
その経験を活かし、福祉用具業者に転職後、教育研修、製品開発に従事し、現在は、有料老人ホームを数多く運営する会社で、ホーム常駐ではなく、巡回という形で西日本全域を担当し利用者の方の生活改善に関わっている。

セミナー概要

    • 開催日
    • 2019年6月16日(日) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
    • 定員
    • 18名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
    • 対象者
    • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師
    • 費用
    • 10,000円(受講料は当日受付にてお支払ください)
      割引特典:開催日前6か月以内の株式会社Work Shiftもしくは在宅リハビリテーション&ケアスクールのナイトセミナー領収書の提示で2,000円割引
    • 主催
    • 在宅リハビリテーション&ケアスクール
    • 開催地
    • 在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻
      大阪府高槻市富田町1-28-6
      阪急京都線富田駅下車 徒歩3分
      JR京都線摂津富田駅  徒歩5分
      車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

このセミナーに参加する