セミナー詳細

Seminar

2019年5月12日(日)ベッド上における治療的ポジショニングの評価と実技〜褥瘡・拘縮・呼吸・姿勢への評価と対応〜

  • 開催日
  • 2019年5月12日(日) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
  • 対象者
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・看護師・介護福祉士・介護職
  • 開催地
  • 大阪府高槻市


セミナー内容

在宅療養利用者や入院患者の重症化が進んでいます。

重症利用者は必然的にベッド上臥位姿勢が多くなるため、様々な諸問題が生じます。

褥瘡の発生
拘縮の進行
呼吸機能の低下
不良姿勢の進行
など多くの問題が現れます。

長期療養病棟、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護医療院、訪問リハビリ、訪問看護では、これらの問題に対して適切に対処しなければ、利用者のQOLの低下が著明になります。

これらの問題の防止や解決にポジショニングがあります。

効果的なポジショニングを実現することができれば、長期臥床の利用者のQOLを大きく改善することができます。

しかし、効果的なポジショニングを行うためには、正しい評価が必要となります。

適切な評価なしにポジショニングを行うとより褥瘡等が悪化することになります。

また、ポジショニングはセラピストだけでなく、家族や多職種の協力も必要であることからマネジメントへの関りも重要となってきます。

本セミナーでは波野優貴先生(株式会社SOMPOケアネクスト)より、評価に基づく治療的ポジショニングついてわかりやすくご解説をいただき、臨床における具体的な対応について学ぶことができます。

【内容】
1.ポジショニングの目的別のポイント整理
2.ポジショニングの目的別の実践方法
3.ポジショニングの生活への影響と効果判定

講師


SOMPOケア株式会社 地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師
波野優貴先生
理学療法士
福祉用具プランナー
シーティングコンサルタント
勤務先
◯SOMPOケア株式会社
地域包括ケア推進部生活リハビリ推進グループ
◯大阪府立大学 非常勤講師
福祉用具論の一部を担当

理学療法士取得後、ケアミックス型の病院へ勤務し、急性期から生活期まで経験した。その際、ポジショニング、シーティングを中心に学び院内でチームを立ち上げた。
その経験を活かし、福祉用具業者に転職後、教育研修、製品開発に従事し、現在は、有料老人ホームを数多く運営する会社で、ホーム常駐ではなく、巡回という形で西日本全域を担当し利用者の方の生活改善に関わっている。

セミナー概要

    • 開催日
    • 2019年5月12日(日) 開始:10:30 | 終了:16:00 | 開場:10:00
    • 定員
    • 18名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
    • 対象者
    • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師
    • 費用
    • 10,000円(受講料は当日受付にてお支払ください)
      割引特典:開催日前6か月以内の株式会社Work Shiftもしくは在宅リハビリテーション&ケアスクールのナイトセミナー領収書の提示で2,000円割引
    • 主催
    • 在宅リハビリテーション&ケアスクール
    • 開催地
    • 在宅リハビリテーション・ケアスクール 高槻
      大阪府高槻市富田町1-28-6
      阪急京都線富田駅下車 徒歩3分
      JR京都線摂津富田駅  徒歩5分
      車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

このセミナーに参加する