セミナー詳細

Seminar

2019年2月21日(木)ナイトセミナー リハビリテーションにおける患者 ・利用者の意欲を引き出す目標設定のポイント

  • 開催日
  • 2019年2月21日(木) 開始:19:00 | 終了:21:30 | 開場:18:45
  • 対象者
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・看護師・介護福祉士・介護職
  • 開催地
  • 大阪府大阪市淀川区

セミナー内容

リハビリテーション専門職や介護に携わる方々なら、利用者の低意欲やモチベーションの低下に悩んでことはあるのではないでしょうか?

介護者への依存度が高い利用者
特にやりたいことないと言う利用者
低意欲のため目標の設定が難しい利用者
リハビリテーションに前向きに取り組んでくれない利用者
を担当したときどのように対応すればよいのでしょうか?

診療報酬・介護報酬改定により、リハビリテーションはより課題志向型を求められ、利用者の活動や参加の促進が求められています。

そのため、リハビリテーションにおいては利用者の意欲やモチベーションの向上が必須と言えます。

本セミナーでは講師の浅田健吾先生より以下の点についてご解説を頂き、臨床で使える「意欲向上のためのスキル」を学ぶことができます。

・人が『意欲的に取り組む』という事について、脳機能や心理学等の側面から考える。
・画一的な目標設定の何がいけないのか?
・目標設定の個別性を高める事の意味やメリットは?
・本人の希望が現実的で無い場合や、本人に判断が難しい場合は?
・クライエントである“本人”を、どう捉えるべきか?
・目標設定を行う上で、考慮すべき評価項目とは?
・活動や参加レベルの目標は、どのように取り扱う事ができるか?

講師


イーリハ東大阪訪問看護ステーション/在宅リハビリテーション&ケアスクール 講師
浅田健吾先生

平成21年に関西医療技術専門学校を卒業し、作業療法士の免許取得する。
回復期・維持期の病院勤務を経て、平成29年より(株)コンパス イーリハ東大阪訪問看護ステーションでの勤務を開始する。
在宅におけるリハビリテーション業務に従事しながら、学会発表や同職種連携についての研究等も積極的に行っている。
大阪府作業療法士会では、地域局 中河内ブロック長や地域包括ケア委員を担当しており、東大阪市PT.OT.ST連絡協議会の理事も務めている。
平成30年からは、大阪府某市における自立支援型地域ケア会議に助言者として参加している。

セミナー概要

    • 開催日
    • 2019年2月21日(木) 開始:19:00 | 終了:21:30 | 開場:18:45
    • 定員
    • 36名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
    • 対象者
    • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・鍼灸師・柔道整復師・看護師・介護福祉士・介護職
    • 費用
    • 3,000円(受講料は当日受付にてお支払ください)
    • 主催
    • 在宅リハビリテーション&ケアスクール
    • 開催地
    • 株式会社Work Shiftセミナールーム
      大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
      阪急線南方駅下車 徒歩3分
      地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
      JR線新大阪駅下車 徒歩8分
      車でご来場の方は近隣の有料パーキングをご利用ください

このセミナーに参加する